中古物件の魅力について

部屋

これまでわが国ではマイホームの購入にあたっては、一戸建てとマンションともに新築物件を志向する傾向が高いといわれていましたが、近年では中古物件を希望する割合も高まってきているといわれています。
収入の減少や消費税の増税の影響などによって、予算的に新築物件には手が届かないという層であっても、中古物件であれば予算に応じて購入可能なケースも少なくありません。
また、新築物件の場合は、新築プレミアムといって建築業者や販売業者の利益が価格に上乗せされているため、購入直後に転売しようとしても2割程度は割引がされてしまうということが一般的ですが、中古物件の場合は価値がなかなか落ちづらいといったメリットがあります。
近年は不動産に査定をしてもらい、マンション売却をする方が増えています。

売却のポイント

転勤や転職、家庭の事情などによってマンションを手放すという決断をした場合、多くの人が出来るだけ高い価格で売却をしたいと考えることでしょう。
出来るだけ高く売却するためには、複数の業者に査定をしてもらい、近隣の相場を踏まえた妥当な価格設定をすることが重要なポイントになります。
いたずらに高い売り出し価格にしてしまうとなかなか買い手がつかないですし、一度値下げをした場合はさらなる値下げを期待されることも少なくないため、結果として最初に適正な価格で売りに出した方がより早く、かつより高く売れるといった可能性が高くなります。
そのため、複数の業者から査定をもらって一定の相場を把握したうえで、査定の根拠や販売実績を詳しく聞いたうえで信頼できる業者に仲介を依頼するとよいといわれています。

中古マンション購入のポイント

中古マンションの場合は、新築時の購入価格と築年数が同じような物件であっても、駅からの距離や人気の地区かどうかといった要因によっても価値が大きく異なるという事例も少なくありません。
また、マンションの管理状況も資産価値に大きな影響を及ぼすこととなります。
マンションの維持にあたっては毎月の管理料や修繕積立費といった費用も必要となりますが、この2つについては必ずしも安ければよいというものではありません。
適切な管理を行うためには一定の費用が必要となるからです。
修繕積立金の場合は積立金が不足をしていると大規模修繕の際に別途一時金を請求されるケースもありますので、中古マンションの購入時にはこうした管理状況を把握して購入することも大切になります。
マンションを売却する場合は不動産に相談をして査定をしてもらい、納得が出来る金額でマンション売却をすることが大事です。

オススメリンク

ワンルームマンションの売却を検討しているならこちらで探してみませんか:ワンルームマンション売却成功ガイド

高い建物

安価に手放さない

わたしたちは、いざ住み慣れたマンションを住み替えや持ち家の購入や転勤などで売却しようと考えたときに、あせって安く手放してしまわないように注意しなければなりません。
不動産業者に見積もらせRead more

空と建物

専門家が重要

たとえば、マンション売却の場合、その物権の一般的な相場価格、マンションとしての価値、さらに、対象となる住戸の現状が詳しく観察されます。
観察には、もちろんポイントとなる事項があるのですがRead more

マンション

様々な方法

不動産は一生に一度の買い物という場合もありますが、引越しやライフスタイルの変化に伴い、一度生活の拠点とした場所でも売却処分することがあります。
売却の方法については、個人的な資産なのですRead more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031